1.jpg

2019年09月11日

サツマイモ 蔓返し、日高市南平沢メンテフリーの畑

サツマイモの蔓返しをしたので記録しておこう。
場所、南平沢の畑
品種、ベニハルカ
回数、2回目
所要時間、5分

4F1CFB0F-1DE2-48FD-BF1A-F71220F09ADC.jpeg

日高市南平沢の畑は自宅から少し遠いこともあって、ほったらかし作戦を決行している。
栽培している野菜は
サツマイモ
ヤーコン
ネギ

である。基本ほとんどメンテが要らない。唯一の仕事はサツマイモの蔓返しと除草なので、除草は防草シートを活用すると完全フリーメンテの畑が完成する。

サツマイモは地上部分を食べる訳ではないので、地下部分に栄養を貯めこむように促すのが蔓返しである。方法も至って簡単で、蔓から根を張った部分をバリバリ剥がして上に重ねるだけ。サツマイモの危機感を煽るのが目的なので、躊躇なくやっても構わない。意外とピンクの根が長く張っているので勢力が分散している。これにより本体の芋が大きく育つ。

蔓返しをしないと葉の部分ばかりが成長してつるぼけして、小さなクズ芋ばかりになってしまう。

posted by ピリさん at 00:00| Comment(0) | 家庭菜園

2019年09月09日

今日の収穫

ABF3109E-3436-4CD2-A21A-945450574826.jpeg

台風が関東直撃で苗木が倒された。

キュウリ
インゲン
オクラ
万願寺とうがらし
ピーマン
アスパラ 1本だけど、、
posted by ピリさん at 18:24| Comment(0) | 今日の収穫

2019年09月08日

島ラッキョウ、ニンニクの植え付け

飯能市の畑に島ラッキョウとホワイトニンニクを植えたので記録しておく。飯能の畑もほったらかし作戦だ。

山口県産ホワイトニンニク1kg
あれ?ホワイトニンニクの産地は青森じゃないのか?とツッコまれそうですが、メルカリで1200円、税込送料込みで購入。ホワイトニンニクは高級品で業者から買うと4000は超えてしまう。ホムセンでよくあるやつは中国産。5mx1畝

175D11DB-13AA-443D-8886-440EDF14D47D.jpeg

沖縄産 島ラッキョウ 1kg
島ラッキョウは相場がしっかりしてて、極端に安く手に入らない。メルカリで2800円だった。種芋は毎年リサイクルして増やすしかないね、、、5mx2畝

3D09674D-CE9C-4082-993D-5E7139F3F0C5.jpeg


posted by ピリさん at 00:00| Comment(0) | 家庭菜園

2019年09月07日

トンネル栽培の 防虫ネット準備 2

高麗地区の畑に種を蒔いたので記録しておく。

蒔いた種は、
ニンジン
ダイコン
ほうれん草

ダイコンはモンシロチョウの幼虫に食べられないようにネットを被せる。

3DBD2EB2-2C47-4D60-A115-8A851D470F2A.jpeg


posted by ピリさん at 00:00| Comment(0) | 家庭菜園

2019年09月03日

トンネル栽培の 防虫ネット準備 1

さて、秋冬野菜の準備を猛ピッチで進めないといけないのだが、冬野菜の代名詞と言えば大根や白菜が挙げられる。家庭菜園では無農薬栽培をされている方がほとんどだと思うが、防虫対策をしないとアブラナ科の野菜は虫に食べられてしまう。この時期のアブラナ科はキャベツ、白菜、大根、ブロッコリー、芽キャベツ、からし菜等無くてはならない食材なので是非とも栽培リストに入れたいところ。これらの作物を食べる代表的な害虫はヨトウムシだが、防ぐのに防虫ネットは必須。使い回すことを考えて1セット揃えておいて損はないだろう。

筆者の畑の畝幅は黒マルチの幅に合わせて約70〜80cmで設定している。幅が90cmのアーチ棒が売っているのでそれを使用する。価格は一本100円ぐらい。これに180cm幅の防虫ネットを被せる。幅や長さは切り売りもあるから色々検討してみると良い。あらかじめ規格品を使うように想定しておくとコスパがいい。

新しい畑用に10m x 幅180cmの防虫ネットを購入した。問題はエンドの部分なのだが、プロの動画なんかを見ると余った部分で縛っている。これだと左右で3mぐらいのロスが出てしまう。毎回使い回すわけだから、今回から専用のエンド部分を自作することにした。

材料は百均の1x1.4mの防虫ネットを半分に切って、結束バンドで止めるだけ。全部で4セット作った。これなら1つ5分以内で作成できる。

16B2DAF1-F1EA-44FF-89CC-570D5F2E56A4.jpeg





posted by ピリさん at 09:04| Comment(0) | 家庭菜園

2019年09月02日

家庭菜園の新規開拓、日高市高麗地区

知人の近所に住むおばあさんが骨折して家庭菜園ができなくなってしまったと聞き、代わりに借り受けることになった。早速現地に行ってみたが50坪ぐらいあるだろうか?こりゃー 年寄りにはキツイ。

雑草の勢いは半端ない。瞬く間に草むらになってしまっていた。お袋も畑をやっているが、歳を取ると土起こしの力仕事ができずに断念する人も少なくないと思う。例え耕運機があったとしてもメンテや耕運が難しいだろう。やはり若い人とタッグを組んでやるのが一番良い方策だと思う。ケガのリハビリやボケ防止にもなると思う。

29AE8788-4402-468E-877A-F578AC4961BE.jpeg280C9004-AB75-4275-B77B-2A76DE6C45D6.jpeg

0765F0F6-1002-4F40-8A20-59E2D13EDD10.jpeg

9890A4D0-5376-4691-AE73-3206EA0CC096.jpeg

手前は防草シート、奥は穴あき黒マルチ

今の時期は大根や人参の種まきに最適なので、突貫工事で1日でここまで完成させた。年寄りは畑で倒れた話よく聞くからくれぐれも熱中症には気をつけて。
posted by ピリさん at 08:51| Comment(0) | 家庭菜園

2019年08月30日

今日の収穫

今日の収穫

カボチャが3種類揃い踏み

D4B99CA2-3FE6-450F-9538-2FBB8B29CB2F.jpeg

左から
坊っちゃんカボチャ
バターナッツカボチャ
栗カボチャ

posted by ピリさん at 00:00| Comment(0) | 今日の収穫

2019年08月27日

水耕栽培で育苗 、秋冬に向けて

秋に植え付ける野菜の育苗をボチボチはじめたので記録しておく。水耕栽培のトレーを追加で増設して4枚にしてみた。ミニチュアの棚田のようだ。前にも書いたが水を切らして枯れてしまう心配がない。セルトレイを使って大量に育苗するプロから見たら馬鹿げていると言うかもしれない。しかし、実際のところ真夏の水切れを心配してカップを大きくしたり試行錯誤したぐらいなので、仕事と両立する人には有難いのだ。仕事でどうしても、みていられな日があるが、小さなセルトレイはたった1日でも水が切れると枯れてしまう。興味のない家族が水遣りを気にしているはずもない。いや、家族のせいにしてはいけない。

2A920EA7-EF7F-48FF-8C0F-C98C8F9EA4F2.jpeg

1つのトレーに20カップは並べられるので、一度に80株ぐらい育苗できる。もちろんポンプの最大揚程出力が大きいものに変えれば、いくらでも増やせる。もしくはトレーの高さを保って横に伸ばすことができれば揚程出力は要らない。

とりあえず水耕育苗してから植え付ける作物は

芽キャベツ(野口種苗)
リーフレタス 
エアルームブロッコリー(茎ブロッコリーのタイプ)
ブロッコリー(野口種苗)
キャベツ ドシコ(野口種苗)
白菜 (百均のやつ)

茎ブロッコリーや芽キャベツは収穫しても次々に新しい芽が出てくるので切らさずにリレーできる。

296404CB-CEB8-48AC-BB1F-5F7EE7543427.jpeg




タグ:水耕栽培
posted by ピリさん at 17:51| Comment(0) | 水耕栽培

2019年08月24日

ミード・ブルーベリー酵母風味

ミードという飲み物をご存知だろうか。wikipedia から引用すると
蜂蜜酒(はちみつしゅ、ミード)は、蜂蜜を原料とする醸造酒。農耕が始まる以前から存在し、およそ1万4千年前に、狩人がクマなどに荒らされて破損した蜂の巣に溜まっている雨水を飲んだ時が最古の酒の飲酒だと言われている。「混ぜる」という基礎的な料理行為から作られたミードは「飲み物」の先祖と見ることができ、加熱も不要な最も原始的な発酵飲料である。

とある。
ブルーベリーが沢山採れたので、これを使ってミード作りに挑戦してみようと思うのだが、、、
ブルーベリーの表皮をよく見ると白い粉のようなものが表面を覆っている。これは熟した新鮮な果実から自然に分泌されている天然の物質でブルームと呼ばれる。ブルームはブドウやキュウリ、リンゴなんかにも見られるが鮮度がいい目印で水分の蒸発を防いだりしているらしい。ブルーベリーの自然酵母(野生酵母)で発酵させるか、市販の培養酵母(イースト)を使うか迷ったが今回は市販のイーストで試してみたい。フルーツを使用した最もポピュラーなお酒であるワインの発酵について調べてみると、自然酵母によるべきか否かが常に話題になるトピックだと言うから、最近のワインは培養酵母が主流なのだろう。チーズなんかも量販品は注射器でカビ菌を注入して製造している。うまくいったら次回は自然酵母で挑戦してみようと思う。


9F8579B3-425E-4DDB-8798-3B37F5D9625A.jpeg

参考にしたサイトはこちら
https://www.icoro.com/201404267770
無許可でアルコール度数1%を越えるお酒を造ると違法だから気を付けてね☆




E1C4E63E-A0E4-4E32-92C1-AB33AEF71422.jpeg


9月1日追記:
早速試飲してみた感想だが、正直言って 「甘い」。辛口好みの筆者は氷で割って飲んだ。紹介サイトにはビールのような風味、とあるがジュースだね、、、。色は綺麗な薄いピンクでブルーベリーの酸味やハチミツは感じられない。アルコールも感じられないし飲んで酔うわけでもない。発酵不足かよくわからない。残りはもうしばらく置いてみることにする。

甘いのが好きな女性には受けそうな気がする。





タグ:料理
posted by ピリさん at 09:17| Comment(0) | 日記

2019年08月22日

日高市議会 太陽光発電規制条例可決 埼玉県内で初!

日高市議会で太陽光発電 規制条例可決 
これにより指定区域では市長の同意なしに事業ができないことになります。
今回メガソーラーの建設が計画されていた高麗本郷地区も指定区域に入っている。

大手メディアで大々的に報じられたようです。興味ある方はウェブで検索してみてください。

読売新聞
朝日新聞
NHK ウェブ
毎日新聞
埼玉新聞

D26085A7-3AEF-4ADA-9E83-3E4CC8B40780.jpeg
posted by ピリさん at 00:00| Comment(0) | メガソーラー